本当の意味で自由度の高い家を設計してくれるのが京都の建築家

子育て世代から老後を見据えた家を建てよう

書店では、住宅に関連する書籍の中でもとくに、注文住宅の雑誌が目を引きます。近年は、高齢化社会ということもあり、老後を快適に過ごすための工夫を凝らした家が紹介されています。
子育て世代ではあまり重要視されない仕様が、プロの建築家に依頼すると、この先何十年も快適に、そして安心安全に過ごすことが出来るマイホームになります。
今の住宅ではバリアフリーは当たり前であっても、将来をイメージして何のためにバリアフリーにするのかまで、きちんと考える必要があることに気づかされます。
将来、自分の親を自宅で介護する場合や自分自身が要介護になったことを考えてください。廊下を杖をついて歩いているかもしれません。歩行に介助が必要になっていたり、車いすに乗っているかもしれません。うちはバリアフリーだから安心、という方がみえるかもしれませんが、プロに相談すれば、もっと突っ込んだ提案を受けることが出来ます。
例えば、老後は平屋のように暮らせる間取りにする、廊下の幅をあと十センチ広げる、階段の傾斜を緩やかにするなど、段差をなくすだけのバリアフリーにとどまらず、実際に暮らしてみないと見えてこないこともプロなら的確にアドバイスしてくれます。何十年先の生活をより快適に、安心安全に暮らすために、一級建築士事務所に依頼してみてはいかがでしょうか。今では想像できない自分たちの未来の生活をイメージできるはずです。

コンテンツ

  • 子育て世代から老後を見据えた家を建てよう

    書店では、住宅に関連する書籍の中でもとくに、注文住宅の雑誌が目を引きます。近年は、高齢化社会ということもあり、老後を快適に過ごすための工夫を凝らした家が紹介されています。子育て世代ではあ…

    MORE
  • 家を建てるなら一級建築士事務所に依頼しよう

    一生に一度の大きな買い物と言えば、やはり、マイホームではないでしょうか。マンションも便利で良いですが、夢の一戸建てを建てたいという方も大勢いらっしゃると思います。自分と家族が、これから長く暮らし…

    MORE
  • 憧れのマイホームで失敗しない方法

    一人暮らしから、二人暮らしへ。最初は小さなマンションでの同棲暮らしからスタートし、家族ができて、マイホーム購入というパターンが多いかと思います。そんなマイホームを検討している方々もマイホームを持…

    MORE
  • 導線をしっかり考えた家にするには

    家づくりは一生に一度のお仕事です。住んでみて生活してみると、ここをこうしたらよかった、生活導線が良くないと言う事はよくあります。ハウスメーカーの住宅はその点で体裁はよく出来ているけれど、個人のち…

    MORE